HOME>みんなの声>施設で仕事をする時に便利な資格を取るメリット

施設で仕事をする時に便利な資格を取るメリット

人形

ある程度経験のある介護職員にとって、専門知識を学べる資格は役に立ちます。比較的に楽に取れる資格も存在するため、そのようなものを上手く利用すれば施設で働く時に必要な知識を得られます。

みんなの口コミ

介護の現場でレベルアップを実感できました

学校を卒業して介護施設で働いているのですが、専門的な知識が十分でないと感じていました。それで自分でも取れそうな資格を探していると、介護職員初任者研修というものを見つけて興味を持ったので学んでいます。最初は介護職員初任者研修の資格は難しそうでしたが、ある程度学んでいると内容が分かってきました。介護施設で日頃行っている仕事について十分な知識を得られたので、働いていた時に感じていた疑問も解消できました。資格を取ってからは以前は施設で働いていた時に起っていた問題も、対応できるようになったので良かったです。資格を取ってからは周囲の方からも評価されやすく、介護施設の難しい作業を任される事も増えてきています。
【20代/女性】

スキルアップを実感しました

介護に興味があって施設に就職して働いていたのですが、十分な知識がなく仕事で問題が起こる時もありました。それで専門的な知識を学ぶべきだと考えたので、介護職員初任者研修の資格を得るために勉強しました。資格を取るための勉強をしていると、今まで分からなかった点が理解できて良かったです。施設に来る高齢者の起こりやすい問題についても分かったので、トラブルが起こる前に対応できるようになったので役に立ちました。介護職員初任者研修の資格を取ってからは、施設で起こる問題に短時間で対応できるようになりました。以前は手間がかかっていた作業もすぐにできるようになったため、介護職員初任者研修の資格を取ったのは効果的でした。
【30代/男性】